格安の結婚式でも幸せな時間になる|業者選びが肝心

ゲストをお席にご案内

結婚式場

オリジナリティが大事

席札とは、ゲストが自分の座席が分かるようにゲストの名前を書いて各席に置く名札のことである。席札を用意する場合、まずはゲストが席を見つけやすいように、見やすい字で書く必要がある。また、親族の場合は敬称を付けず、ゲストには必ず敬称である「様」を付けることを忘れてはいけない。こうした基本的なルールを守った上で、近年ではゲストへの感謝の気持ちを伝えるアイテムとして利用したり、披露宴のテーマに合った趣向を凝らした席札を用意する新郎新婦が増えている。席札といえば、一枚の紙を山折りにして片面にゲストの名前を記入するのが一般的な方法だが、その裏面にゲストひとり一人へのメッセージを添えるケースが増えている。披露宴が始まるまでの間、ゲストにとっても嬉しい気持ちになりこれから始まるパーティがより楽しみになるだろう。披露宴のテーマに沿った席札としては次のようなものがある。従来と同じく紙を使う場合でも、紙飛行機の形に折ったり、フォントを好みのものに変更したり、新郎新婦オリジナルのマークを入れたりする方法がある。また紙以外の素材を使う方法も増えており、例えばナチュラルな雰囲気がテーマの披露宴では、緑の葉に白いインクでゲストの名前を書いたり、木の枝や松ぼっくりをスタンド代わりにする方法などがある。更にロゼットを席札代わりにするケースも増えており、披露宴中にゲストが身につけることで一体感が生まれ、おみやげに持ち帰られる点でも人気を集めている。このように席札と一言にいっても、色々なバリエーションがある。基本的なルールを守った上で、ゲストへの感謝の気持ちを表したり、披露宴のテーマや新郎新婦の雰囲気にあった席札を用意することで、オリジナリティあふれるおもてなしになるだろう。